Contact Us
Dv360

DV360は Display and Video 360 の略で、Google が保有するDSP(デマンドサイドプラットフォーム)です。
広告主、代理店、代理店トレーディングデスクは、複数の広告エクスチェンジと広範なサードパーティデータパートナーを活用して、広告キャンペーンを運用します
AIやMLを活用した簡単な意思決定は、メディア購入プロセスのあらゆる段階を合理化可能です。
しかし、これらの洗練されたテクノロジーは、クリエイティブ、戦略、誤ったターゲティング設定では結果を出せないことを認識することも重要です。
今回は、広告主が陥りがちな間違いをいくつか紹介致します。 キャンペーンが結果を出せていないような形であれば、こちらを確認して対策の手助けになれば幸いです。

陥りがちな間違い 1 – キャンペーンを設定したまま忘れてしまう

自動広告システムを使えば、キャンペーンを設定以降、簡単に忘れてしまうことがあります。しかし、キャンペーンがセットアップされて配信開始になった後も、努力を怠ってはいけません。
自動入札戦略を活用していても、ターゲティング調整のための追加の検証及び改善がなければ、キャンペーンはKPIの最大の可能性に到達できない可能性があります。それでも、キャンペーンを最適化して損益分岐点を超え、多くの費用をかけないようにすることが何よりも重要です。

陥りがちな間違い 2–ターゲティングをうまく設定していない。

適切ではないターゲティングはキャンペーンの効果性を損なうので、必ず適切なターゲティングしていきましょう。ターゲティングされた広告は、ターゲティングされていない広告の2倍の効果があります。例えば、ジオターゲティング広告は、ジオフェンシングやジオターゲティングキャンペーン、ジオリファレンスビジネスにとってターゲットユーザの現在地や居住場所、行動履歴に合わせた情報提供が可能になり、地域や行動特性に密着した広告やサービスを効果的に配信し認知を向上できるメリットがあります。
また、ターゲット層を広すぎても狭すぎても意味がありません。

ターゲットを絞ることで、コンバージョンにつながらないインプレッションにお金を払わなくて済むため、コンバージョン率が高くなります。
また、ターゲットを絞りすぎると、トラフィックが減少してしまいます。誰も広告をクリックしない場合は、ターゲット層が狭すぎることが原因と思ってください。

DV360には、アクティビティベースオーディエンス、カスタムインテントオーディエンス、アフィニティオーディエンス、類似オーディエンス、リマーケティング・リカンシー・サプレッションなど、多くのユニークなオーディエンスデータをキャンペーンの中でもっと活用されることが重要です。

 

陥りがちな間違い 3 – ラインアイテムが明確かつ簡潔でない 

適切なラインアイテムを設定することが、簡単な最適化の鍵となります。まず始めに、健全なラインアイテムは挿入順序と一致している必要があります。一般的に、トレーダーはIOレベルで設定を適用し、それがLine Itemレベルにも適用できると考えます。しかし、IOの下にLine Itemがすでに存在している場合、新しく適用した設定はLine Itemにコピーされません。また、ラインアイテムが挿入注文の予算を均等に分けている場合は、各ラインアイテムに十分な予算があるかどうかを確認し、そうでない場合はラインアイテムを減らして、観客に最も沿うものに集中するようにしてください。

そうしないと、オーディエンスと予算の比率がオーディエンスに有利になったときに、オーディエンスが大きなリーチインパクトをもたらさずにインプレッションを獲得してしまうからです。少数の主要なオーディエンスから始めて、何がうまくいっていて何がうまくいっていないのかをレポートで確認し、必要に応じてオーディエンスを削除したり追加したりします。


最後に、1つのラインアイテムにあまりにも多くのコンバージョンピクセルを適用しないでください。どのラインアイテム、ターゲティングの詳細、またはオーディエンスが最高のパフォーマンスをもたらしているかを知ることが難しくなります。

陥りがちな間違い 4 -広告インプレッション頻度の調整

適切なインプレッションの頻度を選択することは、最も重要なステップの一つと考えられます。あまりにも頻繁に広告をユーザーに表示させると、ブランドの信頼性を損なうことになります。ユーザーに広告ブロッカーの適用をお願いしているようなものです。

最適なフリークエンシー管理を理解する前に、キャンペーンのラインアイテムごとに5x/dayのフリークエンシーキャップを適用することをお勧めします。ライフタイムのフリークエンシーキャップは、オーディエンスがいつでもブランドのライフサイクルファネルに再参入できるため、決して導入すべきではありません。同様に、週単位や月単位のフリークエンシーキャップは、オーディエンスが初日に多くのURLを使用し、一気にインプレッションを最大化してしまうと、インプレッションが偏ってしまう可能性があります。

陥りがちな間違い 5 – Campaign ManagerをDV360に統合していない。

これは弊社が常にお客様に、Google Campaign ManagerをDV360に統合提案していることです。メディアの統合は、オーディエンスの頻度管理、コスト効率、アトリビューションレポートに役立ちます。Webサイトに直接ブッキングされたメディアは、Campaign Managerに残しておかないようにしましょう。代わりにDV360でプライベートまたはギャランティードディールとして運用します。また、Google Adsで運用されているYouTubeもDV360で運用することができます。

DSPでの広告配信にお困りな場合は、弊社までお問い合わせください。
担当: yuto.yoshizawa@bidmath.com までご連絡ください。

7 Comments

Comments are closed.

Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google
Spotify
Consent to display content from Spotify
Sound Cloud
Consent to display content from Sound