Contact Us
Spotx interview

テクノロジーの台頭とデジタルへの移行は、人々のメディア消費のあり方を大きく変えました。従来のメディアでは、この現代のメディア時代に消費者のすべてのニーズを満たすことができないため、ここにOTTビデオの成長がもたらされました。
SpotX社は、アジア太平洋地域におけるOTTの成長と重要性に関する有益なリサーチペーパーを発表しました。ビッドマスのチームはタイのセクションを担当し、SpotXのウェブサイトからダウンロードして論文全体を読むことができます。この記事では、ターゲットとなる視聴者とOTTビデオに関連する消費に基づいて、主要な調査結果を抽出しています。
本記事では、OTTとは何か、なぜ成長しているのか、タイのOTTに関わるプレイヤーは誰か、といった基本的な事項に立ち返っています。

OTT(オーバー・ザ・トップ)とは?

Over-The-Top(オーバー・ザ・トップ)とは、OTTの略 従来のインフラに頼らない、インターネットによる動画コンテンツ配信のことを指します。
これは、インターネット上で消費者にストリーミングメディアやコンテンツを提供するオンラインコンテンツプロバイダーのことで、消費者は、パソコン、スマートフォン、スマートテレビ、タブレットなどのインターネット接続を利用して、さまざまなデバイスでコンテンツを視聴することができます。
具体的には、MonoMaxxx、AIS Play、Viu、Line TV、iflix、Ch3+、True IDなどが、タイマーケットにおけるBidmathのOTTビデオストリーミングパートナーの一例です。
ott partners

タイでは、OTTメディアのサービスが急成長しています。しかし、タイはストリーミングメディアを視聴する人口が非常に多いため、長時間の視聴や高いビューアビリティを求める場合、OTTビデオは最も効果的なプラットフォームとして優位に働きます。

SpotXの調査結果レポートから得られた重要な知見とは?

【 1 】タイのユーザーは、今やテレビよりもOTTの視聴に時間を費やしている

タイのOTT市場は好調に成長しており、ユーザーはますますOTTストリーミングメディアを視聴するようになっているため、従来のテレビ番組には難しい課題となっています。
SpotX社の調査によると、動画コンテンツを見ているユーザーは下記の通りです。

・OTT視聴者 – 51%
・テレビ視聴者 – 50%
・ビデオシェアリングプラットフォーム – 70%

また、OTT視聴者の65%が平日に2時間以上コンテンツを視聴しており、これは2時間以上ビデオストリーミングコンテンツを視聴するビデオ消費者の66%と同等であり、テレビ視聴者の53%よりも高い数値となっています。

【 2 】タイのユーザーは、特に週末に3時間以上のOTTを視聴している

前述したように、タイのOTT視聴者の65%は、平日は2時間以上ビデオコンテンツを視聴するが、週末は下のグラフのように、OTT視聴者は3時間以上ビデオコンテンツを視聴する傾向があります。(Spotx,2021年)

【 3 】OTTユーザーの60%がビデオコンテンツをスマートフォンを利用して視聴している。

OTT視聴者の60%が興味のあるものを視聴するためにスマートフォンを利用することを好みます。さらに、ビデオ視聴者の87%が、スマートフォンでビデオコンテンツを消費することは、テレビで消費するのと同じくらい良いと評価しています。(Spotx,2021年)
スマートフォンを使えば、いつでもどこでもビデオコンテンツを視聴することができ、移動時間や待ち時間などテレビでは視聴することができない時間帯でもコンテンツの視聴が可能となります。

タイの広告主は、2021年度はOTTへの投資を驚異的に増やしています。これは、パンデミック中に消費者の習慣が劇的に変化したためで、特に25~34歳の年齢層で消費や視聴が増加していることが理由の一つです。

 OTTへの広告投資の主な要員は、Viu、Line TV、True ID、CH3、CH7などのプラットフォームにおける高い視聴率と視聴者の検証であり、視聴時間の長さとプレーヤーサイズの大きさがメディア効率を高める重要な要因となっています。
ビデオプレイヤーのサイズは見落とされがちですが、弊社BIDMATHではOTT環境でより良い結果を出すためにビデオプレイヤーのサイズは非常に重要であると考えています。
さらに、OTTはリコール、好感度、購入などのブランド指標に貢献し、他のプログラマティックビデオに比べてレスポンス率やアップリフトが高いことを把握しています。

2021年に向けての1つの焦点は、標準的なアウトストリームフォーマットと比較した時に、OTTの価値を考慮した上で、OTTのCPMの高さに関する議論を変えることです。
CPMの価格レートだけでなく、音声付き視聴完了数や視聴完了の対するコスト、ターゲットユーザーへのアプローチ率、ブランドリフト調査などの高度な動画指標を評価し、広告効果のインパクトを証明し、プレミアムとしての正当化することをお勧め致します。

このようなタイにおけるOTT動画広告の配信について気になることがあれば、お気軽に弊社までお問い合わせください。

1 Comment

Comments are closed.

Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google
Spotify
Consent to display content from Spotify
Sound Cloud
Consent to display content from Sound